ツールやWebサービス、趣味のアニメや漫画についてあれこれ

SUUNOTE

Webサービス

『YouTube Premium』サービス内容と使ってみた感想

投稿日:2018年11月21日 更新日:

遂に『YouTube Premium』が日本にも上陸しましたね。

YouTube Premiumとは、ズバリYouTubeの有料版です。月額料金を支払うことにより、様々な機能が利用できるようになります。

今回は、YouTube Premiumの機能説明とともに、実際に登録して使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

「YouTube Premium」の機能

広告なし

YouTubeの動画を広告なしで視聴できるようになります。

動画プレイヤー内の広告はもちろん、動画プレイヤーの横や下に表示されていた広告も全て非表示となり、完全に広告が無いストレスフリーな状態でYouTubeを利用することができます。

オフライン再生

YouTube動画を手元の端末にダウンロードして、後ほどオフライン(ネットに繋がっていない状態)で視聴することができます。

家のwifi環境で動画をダウンロードしておいて、外出先で視聴するなんて使い方ができちゃいます。これによってスマホの通信量を節約することもできるため、人によってはかなり重宝するのではないでしょうか。

バックグラウンド再生

他のアプリを使っている時でもバックグラウンドで動画を再生することが出来ます。

YouTubeの動画再生中に他のアプリに切り替えても、YouTubeの音声が止まらずに流れてくる感じですね。

YouTube Music Premium

YouTube Premiumに登録すると、同時にYouTube Music Premiumも付いてきます。

これによりYouTube Musicも広告なしとなり、オフライン機能も使えるようになります。

YouTube Originals

ドラマやコメディー、人気YouTuberが出演する作品など、YouTube Originalsだけの作品が視聴できるようになります。

まだ本数は少ないようですが、今後に期待したいサービスです。

「YouTubePremium」の料金システム

「YouTube Premium」の料金システムは定額制で月額1,180円となります。また、初回登録時は3ヶ月間の無料トライアルが付いてきます。

※iOSのアプリ経由だと手数料が加算され1,550円になります。

その他、月額1,780円のファミリープランもあり、同世帯に居住する最大5人のファミリーメンバー(13歳以上)と有料メンバーシップを共有することが出来ます。

ファミリーメンバーのそれぞれのアカウントの設定は自分専用で保持されるので、個人ライブラリや登録チャンネルはそのまま利用でき、視聴履歴などが他のアカウントと共有されることはありません。

「YouTube Premium」の登録方法

まずYouTube Premiumにアクセスして、「使ってみる(無料)」ボタンを押します。YouTubeにログインしていない場合は以下のログイン画面が表示されるのでGoogleアカウントでログインします。

登録画面が表示されるので必要事項を入力します。

無料トライアルだけを利用したい場合も、ここで一旦はクレジットカード情報を入力する必要があります。

特に難しいことはなく、クレジットカード情報をスムーズに入力できれば5分とかからず登録が完了するでしょう。

実際に使ってみた感想

早速YouTube Premiumを使ってみました!

まず広告なし機能ですが、僕は元々そこまで広告を気にするタイプではないのですが、動画再生の真っ最中に差し込みで入る広告が無くなったのは快適ですね。

また、長年の習性から興味のない広告をスキップボタンで飛ばすのは当たり前になっていましたが、今後Premiumに慣れるとスキップ操作がだるく感じるかもしれません。

そして何気にありがたいのが「YouTube Music Premium」。今回のYouTube Premiumとともにリリースされたサービスですが、ちょうど他の音楽配信サービスに加入していなかったということもあり、現在はYouTubeよりも利用しています。

気になる月額料金の1,180円については、他の動画配信サービスなどと比較して考えると、正直そこまで安くはないと感じました。

ただし、ファミリープランに登録して家族で利用すればまずまずコスパの高いサービスに変わるのではないでしょうか。

例えば家族4人が普段からそれぞれYouTubeを使っていた場合、ファミリープランで登録すれば一人当たり445円の計算になります。

最後に

YouTube Premiumのサービス内容に魅力を感じるかどうかは、かなり個人差がありそうかな、といった感想です。

広告非表示と聞いただけで「待ってました!」とばかりに即登録する人もいれば、広告があっても別に構わないという人もいるでしょう。

また、オフライン機能についても使う人と使わない人で両極端に分かれそうです。電波の悪い地下鉄での通勤がある方や、常日頃スマホの通信速度制限と戦っている方など、環境によっては神機能になりそうです。

YouTube Musicの広告なしやオフライン機能が包容されている点も、音楽好きの方には刺さるのではないでしょうか。

ちなみに僕の場合、無料トライアルが終わった後に継続するかどうかは「YouTube Originals」の充実度で判断しようと思っています。

と言いつつも、このまま無料トライアルの終盤まで使い続けていくと、YouTube Originalsに関わらず広告なしとYouTube Music Premiumに依存して結局は継続課金しそうですが(笑)

また、無料トライアルが3か月間と長めに設定されているのも嬉しいところですね。

普段からYouTubeを使っていてPremiumに少しでも興味が沸いたら、まずは軽い気持ちで無料トライアルを利用してみてはいかがでしょうか。

-Webサービス
-

Copyright© SUUNOTE , 2020 All Rights Reserved.